合同会社アイフラットはガイアナ国の観光及び現地でのビジネスをサポートします。

ジョージタウンの灯台(ライトハウス)

ジョージタウンの灯台(ライトハウス)

ライトハウス

ジョージタウンの灯台は、1817年にオランダによって木造で建設されたが、1830年代にイギリスによって現在の石造りの建物が再建された。高さは約30メートルある。1000ワットの明かりは、30~40マイルの遠くからも見ることができる。灯台の上部には、小さな部屋があり、港湾局の係員が大西洋とデメララ川を往来する船を監視し、航路の安全を守るために船と交信している。赤と白の縞模様に塗装された灯台に登ると、平坦な地にあるジョージタウンの街が一望できる。灯台の入口の壁面にはガイアナの標高の基準とされている水準点の金属標が埋め込まれている。灯台は、ガイアナのナショナルモニュメントに指定されている。

 

« »